トップページ > 車両在庫
<<車両一覧へ戻る
BMW / M5
左ハンドル プッシュスタート M6アルミ ハーマンFリップ
219.7万円(消費税込)
ここに写真のコメント
/20

■車両詳細情報
年式 2006(平成18)年式 走行距離 58300km
車検 2019年4月まで 車輌 ディーラー車
インディアナポリス・レッド・メタリック(専用カラー) リサイクル区分 済別
排気量 5000cc ミッション オートマ
ハンドル 駆動 2WD
燃料 ガソリン 修復歴 なし
型式 ABA-NB50 車台番号下3桁 804
■オプション
エアコンパワステパワーウィンドウ
ABSエアバッグWエアバッグ
カセット-CDCDチェンジャー
MDMDチェンジャー-DVD-
TV-ナビETC
サンルーフキーレスエントリースマートキー-
集中ドアロックパワースライドドア-パワーシート
本革シート3列シート-HID/キセノン
コーナーセンサーバックモニター-アルミホイール
エアロマフラー-盗難防止機能
ワンオーナー-記録簿付き禁煙車
寒冷地仕様-福祉車両-カータウン保証対象車-
■車両コメント
BMWにお乗りの方であれば、”M”の称号がついたモデルには心が踊らされることでしょう。極限まで研ぎ澄まされた運動性能に、ただならぬオーラを放つエクステリアと日常生活のパートナーとして満足できる上質なしつらえのインテリア。すべての面において高次元に融合したMモデルは、クルマとしてひとつの究極の形と言えるでしょう。今回ロッソカーズのラインナップに加わったMモデルは、E60系5シリーズをベースにしたM5。純然たるサルーンの佇まいとは裏腹に、ボンネットの下にはF1テクノロジーを終結させた、BMWモデルで唯一と言えるV型10気筒エンジンを搭載しています。電子キー&プッシュスタートや、HDDナビゲーションを搭載した、中期モデルとなります。

M5の説明は、もはや必要が無いほどに有名ですが、簡単に言えば、レーシングエンジンを搭載した5シリーズ。近年では専用の超高性能エンジンを搭載していますが、初代のE28系、2代目のE34系などは、往年の名車であるM1の直列6気筒エンジンを搭載していました。そしてこちらの4代目のM5のE60系では、当時のF1レギュレーションでもあるV型10気筒エンジンを搭載。5000CCの排気量からは507馬力のアウトプットとなります。そのエンジンはもちろん、高回転志向であり、官能的なサウンドが魅力。そんなエンジンを5シリーズのボンネット下に詰め込んで平然と街中に潜んでいるわけですから、普通の5シリーズかと思って勝負を挑んだら、完膚なきまでに叩きのめされてしまうでしょう。

トランスミッションは7速のSMG3で、ステアリングに装着されたパドルシフトを駆使すれば、さながらF1ドライバーの気分でドライビングできますし、ドライブモードでは一般的なATのようにイージードライブが可能。クラッチのミートポイントの調節も自由自在に行う事が可能です。そして目線を落とさずに必要な情報を見る事ができる、ヘッドアップディスプレイは、スピードやエンジン回転数や現在のシフトをフロントガラスに投影できます。

それにしても少々目立つボディカラーに目が行ってしまいそうですが、それもそのはず。こちらのボディカラーはMモデル専用のインディアナポリス・レッド。余談ではありますが、Mモデルではサーキットの地名をネーミングの由来にしますが、インディアナポリスも1909年に出来た由緒あるサーキットです。Mモデル専用カラーと言っても、当時のM5とM6にしか採用されなかったカラーなので、街で見かける機会も少ないはず。せっかくM5を買うのであれば、あえて専用カラーで差を付けてみるのも悪くないですね。差を付けると言えば、足元をキリッと引き締めてくれるアルミホイールは、M6に装着されていたスタイルM167アルミホイールが装着されます。M5専用ホイールよりもダイナミックなデザインが魅力と言えます。また、フロントバンパーには、ハーマン製のフロントスポイラーが装着されますので、フロントからの見た目がグッと精悍になっています。

インテリアもM5専用の装備が多数。シートは専用のセミバケットタイプですが、快適性も両立したシートで、ノーマルの5シリーズよりも上質なメリノレザーは柔らかく身体を包み込んでくれます。ピラーからルーフライニングは、触り心地の良いアルカンタラで、Mモデルならではの精悍なブラックを基調としたアンソラジットカラーとなります。温かみのあるカラーのウッドパネルは、ウォールナット・マデイラ・チェスナット・ブラウン・ウッド・トリムで、美しい鏡面仕上げとなります。

修復歴は無く、下記の通りに記録簿もしっかりと完備した車両となります。入荷の段階で、ボディにはガラスコートを施工していますので、塗装の状態も良好となります。最後にこちらの車両の魅力のポイントを、もう一度おさらいしておきましょう。

☆5シリーズの最高峰であり、世界で最も速く、官能的なセダンのM5。V型10気筒5000CCエンジンを搭載しています。
☆ボディカラーは、Mモデル専用カラーの、インディアナポリス・レッド・メタリック。
☆近年では、特殊なモデルでも当たり前になった右ハンドルですが、こちらの車両は減少傾向にある左ハンドルの車両。
☆本来のM5では、アルミホイールは19インチのM166ですが、M6に装着されていた迫力ある5本のダブルスポークのスタイルM167をオプション装着。
☆BMWをメインにチューニング&ドレスアップを展開するHAMANN社の、フロントリップスポイラーを装着しています。パーツ代135,000円です。
☆インテリアを明るくしてくれ、換気にも役に立つ、電動ガラスサンルーフを装備します。
☆BMWの夜の顔と言えるイカリングは純白なLEDに交換済み。テールランプのアフターメーカーのLEDテールライトに交換してあります。
☆インテリアカラーはブラックで、シートマテリアルは柔らかい触り心地の、メリノレザー。
☆インテリアトリムパネルは、温かみのある色味のウォールナット・マデイラ・チェスナット・ブラウン・ウッド・トリムです。
☆本来のM5ではオミットされている、リアシートのトランクスルー・ローディングをオプション装着しています。2:1の分割可倒で、大きな荷物も積み込み可能です。
☆灰皿はオプションのノースモーカーズボックスを装着した、禁煙車となります

平成18年03月 BMW納車前整備(BMWサービス工場)
平成18年05月 001843キロ Mモデル初回点検(BMWサービス工場)
平成20年06月 014092キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場)
平成21年03月 017828キロ 法定2年定期点検(1回目車検・BMWサービス工場)
平成22年04月 020854キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場)
平成23年04月 024561キロ 法定2年定期点検(2回目車検・BMWサービス工場)
平成25年04月 028900キロ 法定2年定期点検(3回目車検・BMWサービス工場)
平成26年05月 030094キロ 法定1年定期点検(BMWサービス工場)
平成27年03月 036044キロ 法定2年定期点検(4回目車検・BMWサービス工場)
平成29年04月 047744キロ 法定2年定期点検(5回目車検・BMWサービス工場)
BMW / M5
左ハンドル プッシュスタート M6アルミ ハーマンFリップ
219.7万円(消費税込)
<<車両一覧へ戻る
ロッソ カーズ(株式会社 ロッソ)
〒362-0058 埼玉県上尾市上野33-1
TEL:048-725-0800 FAX:048-725-0801

ロッソカーズでは、正規ディーラーからの下取り車をメインに、記録簿付き、修復歴無しのBMW車の販売にこだわっています。メルセデスベンツやフォルクスワーゲン、ボルボなど欧州車を中心とした他メーカーも経験豊富なスタッフにお任せください。